関ヶ原 島津退き口

桐野作人(著)

レーベル
学研新書

617円(税込)

全軍敗走の中、島津義弘軍は故国をめざし、決死の敵中突破を敢行する。世に言う“島津の退き口”である。島津家はなぜかくも少数の兵のみで関ヶ原を戦ったのか?戦場を脱した彼らのその後の運命は?残された兵士の手記から、日本戦史上の快挙の全貌を描く。
関ヶ原 島津退き口

「桐野作人」の本

もっと見る

このストアについて

シリーズから商品を
さがす