失われた天照大神の大預言「カゴメ唄」の謎

飛鳥 昭雄(著)、三神 たける(著)

972円(税込)

だれもが一度は口にしたことがある童唄のひとつ「カゴメ唄」は神道の奥義に関わる暗号歌だった。鶴と亀がすべって、夜明けの晩に現れるという籠の中の鳥の正体とは、いったい何か。カゴメを社紋とする元伊勢の極秘伝によって明らかになる未来預言を公開する。
失われた天照大神の大預言「カゴメ唄」の謎

「飛鳥 昭雄」の本

もっと見る

「三神 たける」の本

もっと見る

このストアについて

シリーズから商品を
さがす