BIOPHILIA 電子版第7号 (2013年10月・秋号) 特集1 難病克服最前線特集2 超高齢社会、21世紀の日本に生きる

板東 武彦

配信ストア
電子書籍ストア学研BookBeyond

927円(税込)

特集1 難病克服最前線
遺伝子の変異などで発生する難病。誰にでも発症する可能性があるものの、
患者数が少ないために、研究費や医療費の助成対象疾患が限られ、
専門医も少ないといった問題を抱えている。
長期にわたる重い症状、家計を圧迫する医療費……、
患者や家族にとっては、辛く苦しい毎日の連続である。
難病問題に解決の道はないのか? 難病治療の研究最前線をご報告する。
特集2 超高齢社会、21世紀の日本に生きる
保育所の増設や教育費の負担軽減など、少子化対策が後れを取るなか、2人に
1人が50歳以上という史上初の超高齢社会を迎えようとしている日本。しかし、
将来を憂えてばかりでは何もはじまらない。「若い世代の負担を軽くしよう!」
「新しい日本社会を創ろう!」と、全国各地で、シニア世代が反旗を翻しはじめ
ている。大学・企業・街角で、超高齢社会の新たな世界を模索する“実験者”
たちの成果をご紹介しよう。
BIOPHILIA 電子版第7号 (2013年10月・秋号) 特集1 難病克服最前線特集2 超高齢社会、21世紀の日本に生きる