医師である私ががんになったら第41回

配信ストア
株式会社クリピュア
出版社
株式会社クリピュア
シリーズ
医師である私ががんになったら

103円(税込)

 もし〝がん〟になってしまった場合、当然医師に診ていただくことになりますが、医師によって治療法が異なる場合があります。最近はセカンドオピニオンも定着してきましたが、なかにはいまだに患者さんから「セカンドオピニオンを受けるなら他の病院に行ってくれ」などと主治医に言われたという話も聞きます。そこで、医師自身のがんに対するお考えや、がんになったらどのような選択をされるのかなどを、がん治療で活躍されている先生にシリーズでお聞きしています。
 今回は、『根元(ねもと)の医療』として、病気の根を診て病気の根を治療する医療を実践されている、香川県坂出市にあります堀口医院の堀口裕院長にお話を伺いました。堀口医院が開発した還元電子治療は、自己防御力の回復を目的に機械的に電子を補充するもので、現在では他の医療機関でも多く取り入れられています。 
医師である私ががんになったら第41回

「医師である私ががんになったら」の本

もっと見る