ぽかりの木

こうだゆうこ

シリーズ
ジュニア文学館
公園にあるでっかいクスノキは「ぽかりの木」とよばれている。木の下にいると、だれかにたたかれることがあるからだ。小学校4年生の勇太は、ある日父ちゃんにおこられて家を飛び出してしまう。ぽかりの木に登って泣いていると、小さな女の子があらわれて…。
ぽかりの木

「ジュニア文学館」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

シリーズから商品を
さがす

すべて表示