十八史略(下)

曽先之(著)、森下修一(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

1,296円(税込)

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)、鼓腹撃壌(こふくげきじょう)、酒池肉林、管鮑(かんぽう)の交わり、太公望、虎穴に入らずんば虎子を得ず、水清ければ大魚棲まず、多々ますます弁ず……これらはすべて「十八史略」からでた言葉。こうした成語、ことわざの宝庫でもあり、古くから親しまれてきた中国古典。中国の治乱興亡を平易に叙述するとともに、聖賢・偉人・烈女等の人間像をいきいきと描いた、魅力ある読み物です。本巻には後漢から唐の滅亡までを収録。
十八史略(下)

「曽先之」の本

もっと見る

「森下修一」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示