一九八四年

ジョージ・オーウェル(作)、新庄哲夫(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

756円(税込)

1984年、世界は三つの超大国に分割されていた。その一つ、オセアニア国では「偉大な兄弟(ビッグ・ブラザー)」に指導される政府が全体主義体制を確立し、思想や言語からセックスにいたるまで、すべてを完全な管理下に置いていた。この非人間的な体制に反発した真理省記録局の役人ウィンストンは、美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、思想警察の厳重な監視をかいくぐり、禁止されていた日記を密かにつけはじめる……個人の自由と人間の尊厳の問題を鋭くえぐる二十世紀文学の最高傑作のひとつ。辛らつなSFであり、最高のホラー小説でもある。
一九八四年

「ジョージ・オーウェル」の本

もっと見る

「新庄哲夫」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示