二都物語(下)

チャールズ・ディケンズ(作)、本多顕彰(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

432円(税込)

革命は貴族の暗殺に始まり、ついにバスチーユ監獄への攻撃となって爆発する。貴族の暮らしを嫌ってフランスから英国へ渡り、名前まで変えて静かに腰を落ち着けていたダーネーは、パリから一通の手紙をもらうと、新婚まもない妻を残して一人、革命の渦中に身を投ずる。そこに待ち受けていたのは「亡命貴族」のレッテルのもとでの「死の断罪」であった。
二都物語(下)

「チャールズ・ディケンズ」の本

もっと見る

「本多顕彰」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示