好色五人女

井原西鶴(作)、福島忠利(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

324円(税込)

当時、親の目を盗んでの恋愛は不義密通の名で呼ばれ、これを犯した者は勘当され、それが自分の娘であった場合は、親はお上に訴えて打首、あるいは島流しにすべしという法令までできていた。まして人妻の恋愛となれば、現場で討ち果たすべしという法令があり、逃げても捕まれば磔刑(はりつけ)であった。五人女は、そういう道徳や制度と対決して、愛に生き、かつ死んだ。
好色五人女

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示