九十三年

ヴィクトル・ユゴー(作)、榊原晃三(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

1,080円(税込)

(一七)九三年はフランス革命の「恐怖の年」の幕開けであった。ルイ16世の処刑、マラ、ダントン、ロベスピエールらによる権力闘争の加熱。このとき西のヴァンデ地方には王党派による反革命の火の手があがる。共和国軍が討伐のために派遣される。革命と反革命の渦中に投げ入れられた3人の主要人物を通して、権利、正義、伝統、人間愛とはなにかをきびしく見つめたユゴー晩年の代表作。
九十三年

「ヴィクトル・ユゴー」の本

もっと見る

「榊原晃三」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示