ABC殺人事件

アガサ・クリスティ(作)、能島武文(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

648円(税込)

ABCというイニシャルを記したいたずらのような手紙が探偵ポワロのところに届く。だが彼の不吉な予感どおり、アンドーバー(A)でタバコ屋の老婆アリス(A)が殺害される。勝ち誇るかのように第二の手紙はベクスヒル(B)での事件を予告し、カフェの給仕女ベッティ(B)の死体が海岸で見つかる。図に乗った犯人はチャーストン(C)での殺人を予告、ポワロや警察を嘲笑うかのようにカーマイケル卿(C)を殺害する。そして次はドンカスター(D)だ…すべての死体のかたわらにはABC社の時刻表が。無差別殺人を趣味とし、ポワロに特別な恨みをもつ者のしわざなのか? 灰色の頭脳は悩みに悩む。脂の乗りきった時期のクリスティの傑作。
ABC殺人事件

「アガサ・クリスティ」の本

もっと見る

「能島武文」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示