アクロイド殺人事件

アガサ・クリスティ(作)、松本恵子(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

648円(税込)

小さな村の名士アクロイド氏は、書斎の椅子で何者かによって刺殺されていた。叔父の死にショックを受けた姪のフロラはたまたま余生をその村で過ごそうとしていたポワロに事件の解明を依頼した。ポワロは言った。「いったんお引き受けした以上は、最後までやりとげなければ止みません。たとえ途中で警察に一任しておく方が無難だとお考えになるような事態にいたりましてもですぞ。よい猟犬というものは決して追跡を途中で放棄するようなことはいたしません」……ミステリーの女王の名を不朽のものとしたクリスティの記念碑的作品。
アクロイド殺人事件

「アガサ・クリスティ」の本

もっと見る

「松本恵子」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示