アガメムノン

アイスキュロス(作)、内山敬二郎(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

281円(税込)

アガメムノンは弟メネラオスとともにギリシアの大軍を率いてトロイアに遠征し、十年の苦闘ののちにようやくこれを征服して凱旋する。しかし、その留守中に妻のクリュタイメストラは、夫の従兄弟にあたるアイギストスと密通し、夫が帰ってきたら殺そうと企らんでいる。彼女はアガメムノンが、二人のあいだの長女イピゲネイアを、女神アルテミスに生贄(いけにえ)として捧げたことを怨(うら)み、娘の復讐をするつもりなのだ。それはギリシア勢が遠征に出る際に、アルテミスの怒りのために船出することができず、それで女神を宥(なだ)めるためにやむなく取られた処置であったが、クリュタイメストラはひたすら娘が犠牲にされたことを怨(うら)んでいた。
アガメムノン

「アイスキュロス」の本

もっと見る

「内山敬二郎」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示