ベルリン空輸回廊

ハモンド・イネス(作)、池央耿(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

756円(税込)

第二次世界大戦後の東西冷戦の緊張がたかまるなかで、ソ連は米英仏の管理下にある西ベルリンを封鎖した。ベルリンそのものはソ連支配下のドイツ東部に位置していたため、西ベルリンは陸の孤島となった。200万にものぼる西ベルリン市民を救うため、西側諸国は空前絶後の大規模空輸作戦を開始する。第二次大戦の英雄フレイザーは低燃費エンジンを開発して空輸事業に参入し、一攫千金を狙おうとするが…
ベルリン空輸回廊

「ハモンド・イネス」の本

もっと見る

「池央耿」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示