マリー・アントワネット(上)

シュテファン・ツヴァイク(著)、関楠生(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

648円(税込)

神聖ローマ帝国皇帝妃マリア・テレジアの娘マリー・アントワネットは、15歳でフランス王ルイ16世に嫁ぐ。彼女はヴェルサイユの薔薇と咲き誇り、王国に君臨する。宮中には陰謀が渦巻き、数々のスキャンダルに巻き込まれるが、真実の恋人フェルセン伯が登場していっときの安らぎを得る。だが足下には革命の激流が迫っていた!
マリー・アントワネット(上)

「シュテファン・ツヴァイク」の本

もっと見る

「関楠生」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示