ソクラテスの弁明

プラトン(著)、戸塚七郎(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

324円(税込)

ギリシアの哲学者プラトンの、ソクラテスを主人公にした対話編の代表作。酒を酌み交わす饗宴のなかでエロスの神を順番に讃えようではないかという提案がなされ、面白おかしいさまざまな神話的・歴史的逸話を盛り込んだ演説が披露される。最後が酒豪ソクラテスの番であった。ソクラテスはエロスを美そのものへの渇望ではないかと説いて、イデア的な美学を展開する。
ソクラテスの弁明

「プラトン」の本

もっと見る

「戸塚七郎」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示