餌のついた釣り針

E・S・ガードナー(作)、高橋豊(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

540円(税込)

メイスンの自宅の電話が鳴り、至急依頼したいことがあると言う。メイスンは興味をおぼえ、嵐をついて事務所に急行した……電話の主が現われたが、その依頼内容は奇妙なものだった。同行した女性の代理人になる約束をしてほしい、ただし彼女の正体は明かせないというのである。その女性を見たメイスンは驚いた。黒いレインコートと帽子で身を隠したうえ、顔にも仮面をつけている。身許はおろか顔すらわからない依頼人……雲をつかむような話にさすがのメイスンも困惑する…
餌のついた釣り針

「E・S・ガードナー」の本

もっと見る

「高橋豊」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示