徳川幕閣盛衰記(中)吉宗の陰謀

笹沢佐保(作)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

756円(税込)

五代綱吉の後半から八代吉宗まで。天下の悪法「生類憐みの令」を推し進める側用人、柳沢吉保(よしやす)、柳沢派一掃の改革に着手する間部詮房(まなべあきふさ)と新井白石……。だが、幕政の主導権を握っていたこれらの権力者たちに、八代吉宗は鬼のように君臨する! 「赤穂義士」「絵島生島」、富士山の噴火をともなった 「宝永の大地震」もこの時代の大きな出来事として忘れられない。
徳川幕閣盛衰記(中)吉宗の陰謀

「笹沢佐保」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示