牛肉と馬鈴薯

国木田独歩(作)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

324円(税込)

牛肉(現実)か馬鈴薯(理想)か、どちらを食うのがいいのか、という問題を提出する「牛肉と馬鈴薯」、人間の孤独を探求した「酒中日記」ほか、「富岡先生」「少年の悲哀」「空知川の岸辺」「運命論者」「春の鳥」「号外」「窮死」「竹の木戸」「二老人」…独歩中期の代表作11編を収めた。
牛肉と馬鈴薯

「国木田独歩」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示