ブッデンブローク家の人々(上)

トーマス・マン(作)、川村二郎(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

972円(税込)

老ヨハンは、意志の強い男である。長男が自分の意にそわぬ家の娘と結婚したことを理由に、廃嫡をおこない、すでに自分の商会を次男の手に委ねている。だが、完全に引退したわけではなく、権威をあいかわらず保持している。二代目は、商会の仕事を大きくしていく意志においては父に劣らない。だが、父と異なり、がむしゃらに事業に専念するタイプではなかった……。「ある家族の没落」の副題をもつ、トーマス・マン25歳のときの処女長編であり、当時のヨーロッパでベストセラーとなった。
ブッデンブローク家の人々(上)

「トーマス・マン」の本

もっと見る

「川村二郎」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示