武道伝来記

海音寺潮五郎(作)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

432円(税込)

臆病者とさげすまれた間宮織部は、息子・和三郎に「武士」の心を打ち明けて死ぬ。後日、若殿のお供をした和三郎は、父の汚名を晴らす…「武道伝来記」。秀吉の妻妾たちの二派に分かれた争いに巻き込まれた千利休の娘お吟(ぎん)の悲劇と、芸術界の雄、千利休と俗界の雄秀吉とを対比させて描いた「天正女合戦」。海音寺潮五郎の直木賞受賞作2編を収めた。
武道伝来記

「海音寺潮五郎」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示