桜の園

アントン・チェーホフ(作)、中村白葉(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

432円(税込)

南ロシアの地主であるラネーフスカヤ夫人は夫と死別後、愛人とパリで暮らしていたが、愛人に裏切られ、経済的にもいきづまって、古い領地に帰ってくる。だが、その領地も抵当に入っており、破産は目前……美しい「桜の園」を舞台に、旧地主・貴族階級の没落とそれに取ってかわる新興ブルジョワジーの台頭を描く。チェーホフ四大戯曲の中でももっとも完璧な作品としてしばしば上演される名作。2004年はチェーホフ没後100年にもあたる。
桜の園

「アントン・チェーホフ」の本

もっと見る

「中村白葉」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示