中国切手殺人事件

エラリー・クイーン(作)、石川年(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

648円(税込)

宝石と切手のコレクターで出版社の経営者でもあるドナルド・カークは、ニューヨークの中心街に事務所をもっていた。ある日の夕刻、中年太りのさえない小男がたずねてくる。カークは留守だったので、秘書のオズボーンはカークの事務室で待つように案内する。用件を聞いても、男は「内密の用件」としか答えない。約一時間後、カークはたまたま階下で出会ったエラリーを連れて帰ってくる。秘書の話を聞いて二人が事務室に行くと、男は脳天を割られて死んでいた。そして部屋にあるあらゆる物が動かされて「あべこべ」になっていた。中国福州で発行された「エラー切手」にからむ密室殺人!
中国切手殺人事件

「エラリー・クイーン」の本

もっと見る

「石川年」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示