中国怪奇小説集

岡本綺堂(編・訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

648円(税込)

中国の怪奇物語を無類に好んだ岡本綺堂が、六朝・唐・五代・宋・金・元・明・清の膨大な小説筆記の類から二百二十種の怪奇ばなし選んで、みずから訳したもの。 ただし、全体の構成は14人の男と1人の女が、次々と語るという得意の物語形式をとっている。巻頭の「開会の辞」には、「この一巻を成したのは、単に編者の猟奇趣味ばかりでなく、支那小説の輪郭と、古くは『今昔物語』以降、それが我が文学や伝説に及ぼした影響とを、いささかなりともお伝えしたい」からである、と、その意欲が語られている。
中国怪奇小説集

「岡本綺堂」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示