エウリピデス全作品集 I

エウリピデス(作)、内山敬二郎(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

1,080円(税込)

エウリピデス(前485年~406年)は、古代ギリシアの三大悲劇詩人のひとり。アイスキュロス、ソポクレスによって確立された「伝統」と異なり、その作風は人間中心の立場をとり、伝統的な神々を批判したため、当時はしばしば物議をかもした。三人のなかでは最も多い19編の作品が現存する。アテナイに生まれマケドニアで没した。この巻には、「レーソス」「アルケスティス」「メデイア」「ヒッポリュトス」「ヘラクレスの子供たち」「ヘカベ」「アンドロマケ」「狂えるヘラクレス」「嘆願の女達」「イオーン」の10編を収めた。
エウリピデス全作品集 I

「エウリピデス」の本

もっと見る

「内山敬二郎」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示