ガラス玉演戯(下)

ヘルマン・ヘッセ(作)、高橋健二(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

756円(税込)

精神的なユートピア「カスターリエン」にあこがれ、その指導者となる運命に導かれるクネヒトの伝記というかたちをとって、戦争と雑文文化の20世紀に対する文明批判を盛りこんだ未来小説。だが、「ガラス玉演戯名人」という最高位に昇りつめたクネヒトは最後に、現実遊離の精神性だけの生活に疑問をいだき、現実の世界のなかでの「教師」という奉仕の道を選びとる。……作家ヘッセの最後の長編。
ガラス玉演戯(下)

「ヘルマン・ヘッセ」の本

もっと見る

「高橋健二」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示