風と共に去りぬ(二)

マーガレット・ミッチェル(作)、大久保康雄(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

648円(税込)

チャールズはまもなく南北戦争に出征して戦死する。チャールズの子を宿していたスカーレットはアトランタヘ移り、そこで夫アシュレを戦場に送ったメラニーとともに暮らすことになる。そのころ、北軍の封鎖を破って南軍のために物資を供給する英雄的風雲児があった。それが、彼女をからかったあのレット・バトラーであった。やがて南軍はじりじりと後退し、北軍はアトランタに迫り町は猛火に包まれる。スカーレットは何としてでも臨月のメラニーをつれて逃げ出さねばならない。途方に暮れた彼女はバトラーに相談すると、彼はすぐさま一台のボロ馬車を調達して、脱出の手助けをしてくれた。だが、ようやくたどり着いた故郷のタラでは、すべてが一変していた……。
風と共に去りぬ(二)

「マーガレット・ミッチェル」の本

もっと見る

「大久保康雄」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示