フレンチ警部最大の事件

F・W・クロフツ(作)、長谷川修二(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

648円(税込)

ロンドンのダイヤモンド商社の老支配人が殺され、総額3万3000ポンドにのぼるダイヤモンドが金庫から消えた。金庫の鍵は銀行の保管する一つと、社長がつねに身につけている一つの二つしかなく、合鍵をつくれる可能性はないといってよかった。フレンチ警部は決め手に欠ける状況証拠ばかりのなかで苦戦をしいられる。だが、ついに手がかりの糸口を得たとき、警部は執拗にくいさがっていった。
フレンチ警部最大の事件

「F・W・クロフツ」の本

もっと見る

「長谷川修二」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示