虞美人草

夏目漱石(作)

配信ストア
グーテンベルク21

432円(税込)

我執と虚栄の果てに自滅する女を描く、漱石における悲劇の誕生ともいうべき作品。利己と虚栄に走る人生は破滅を免がれないという著者の考えは、それ以後のすべての作品の通奏低音となった。明治四十年に教職を辞して、朝日新聞に入り、入社後最初の連載小説として発表された。
虞美人草

「夏目漱石」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示