イリアス(下)

ホメロス(作)、呉茂一(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

864円(税込)

アキレウスは悲しみと怒りからついに意を決し、アガメムノンと和解して復讐の戦いにのぞむ…ヘクトルを殺せば、自分の死もまぬがれぬという母親の警告もきかず。アキレウスはほとんど単身、トロイア勢に切り込み、ついにヘクトルを殺し、死体を戦車の後ろに結びつけてトロイアの城壁のまわりを何度もまわって辱める。アキレウスはパトロクロスのために荘厳な葬儀をおこなうが、ヘクトルの遺骸をトロイア方へ返そうとはしない。ヘクトルの父プリアモスは身代金を積んで息子の遺骸をひきとりに来る。アキレウスは初めて情を動かされ、ヘクトルの遺骸を返し、その葬儀のために11日間の休戦を認める。物語はここで終わるが、むろんその後、アキレウスはトロイアの陥落を見ることなく死ぬ。
イリアス(下)

「ホメロス」の本

もっと見る

「呉茂一」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示