南回帰線(上)

ヘンリー・ミラー(作)、大久保康雄(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

432円(税込)

1939年、パリ滞在中にミラーが発表したこの作品は、「北回帰線」とならんでミラーの母国アメリカでは30年間も発売禁止となったタブーの書。だが、裁判で決着がつくや、たちまちセンセーショナルな話題を呼んでベストセラーとなった。ニューヨークの電報配達会社に務める主人公の破天荒な性的遍歴と形而上学的な思索を通じて「不毛の現代文明」をあざやかに描き出した記念碑的作品。
南回帰線(上)

「ヘンリー・ミラー」の本

もっと見る

「大久保康雄」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示