海底二万リーグ(上)

ジュール・ヴェルヌ(作)、村上啓夫(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

432円(税込)

次々と報告される海の「怪獣」の正体を明らかにすべく、アメリカは巡洋艦エイブラハム・リンカーン号を派遣する。フランスの海洋生物学者アロンナクス教授は正式な招待をうけて、それに乗り込む。同行するのは召使いの若者コンセイユだ。艦にはカナダ人のモリ撃ちの名手ネッド・ランドもいた。「怪獣」の正体はほどなく明らかになったが、それに気づいたとき、3人は鋼鉄製の「怪獣」の腹のなかへと引きずり込まれた。「怪獣」は見たこともない潜水艦で、ネモ(誰でもない)という名の艦長がその指揮官であった。艦長はいぶかる3人を深海の散歩に歩につれだす。ヴェルヌの「驚異の旅」の代表作。
海底二万リーグ(上)

「ジュール・ヴェルヌ」の本

もっと見る

「村上啓夫」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示