帰郷(上)

トマス・ハーディ(作)、小林清一(訳)、浅野萬里子(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

864円(税込)

クリムは英国の大学を出てパリに行き、宝石商として成功したが、貴婦人の虚飾にへつらう商売がいやになり、愛する郷里エグドン荒野で、学校を開こうと考えて帰ってくる。そこに待ち受けていたのは女神のように気ままで誇り高いユーステイシアだった。クリムは母の猛反対を押し切って結婚する。だが、ユーステイシアにはワイルディーヴという密通の相手があった。クリムの母の死をめぐるいさかいから二人は別居し、沈むユーステイシアはワイルディーヴの誘いに乗ってパリへ脱出を図るが……全体はギリシア悲劇の様式にならって、長い物語は1年と1日で終止符を打つ。立ち読みに取り上げた冒頭はエグドン荒野の描写の一端で、深く暗いながらも崇高な永遠性をもつ物語の背景が的確に描写されている。
帰郷(上)

「トマス・ハーディ」の本

もっと見る

「小林清一」の本

もっと見る

「浅野萬里子」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示