金瓶梅(上)

作者不詳(作)、冨士正晴(編・訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

432円(税込)

好色文学の一大奇書として有名な中国古典。作者不詳。『水滸伝』のなかの西門慶《せいもんけい》と潘金蓮《はんきんれん》の色ごとを描いた挿話をふくらませて全百回の一大色豪・愛欲ものがたりに仕立て、当時の世情を活写した小説。金瓶梅とは、西門慶の第五夫人「潘(金)蓮」、第六夫人「李(瓶)児」《りへいじ》、金蓮つきの女中「春(梅)」《しゅんばい》からとったもの。本書はこの大長編を、中国文学に傾倒した作家富士正晴が、手際よくまとめたダイジェスト版である。
金瓶梅(上)

「作者不詳」の本

もっと見る

「冨士正晴」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示