三国志(一)竜戦虎争の巻

羅貫中(作)、村上知行(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

540円(税込)

漢が滅びてのち中国は、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)が覇を争う激動の時代を迎えた。本書は、この三国の抗争に材をとった、波乱万丈の伝奇物語『三国志演義』の完訳である。従来日本では 『三国志』といえば、この『三国志演義』のことを指している。時は後漢王朝も崩壊直前の末期。暗雲全土をおおい、群雄が諸方に起(た)ち、戦機まさに野に満ちる。そのおり、劉備(りゅうび)・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)が世に現われ、三英雄は桃園(とうえん)に会し、兄弟のちぎりを結ぶ。
三国志(一)竜戦虎争の巻

「羅貫中」の本

もっと見る

「村上知行」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示