三国志(三)赤壁の戦いの巻

羅貫中(作)、村上知行(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

540円(税込)

大長江の「赤壁(せきへき)の戦い」に孫権・劉備の同盟軍に敗れた曹操は、敗亡の身をいったん本拠地の魏にしりぞく。共通の敵を失って、孫権・劉備の角逐(かくちく)が始まる。一方、最後のあがきをつづける王朝一族の死命を制した曹操はふたたび起ち、劉備の蜀をうかがう。両者ゆずらず、孫権の呉と、三国相分かれての修羅場へと世は進展してゆく。
三国志(三)赤壁の戦いの巻

「羅貫中」の本

もっと見る

「村上知行」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示