影が行く

ジョン・W・キャンベル(作)、矢野徹(訳)、川村哲郎(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

660円(税込)

現代SFの真の育ての親、キャンベルの珠玉・中短編集。南極大陸の大氷原の下から探検隊が見つけた、おどろおどろしい物体の話「影が行く」、人類がその尊厳と価値を忘れ去ってしまった二万年後の未来を描いた「薄暮」、原子力発動機にだけ頼ろうとする異星人と人類との闘いを描く「エイシアの物語」など、どの作品も創意にあふれている。28歳のときの作品「影が行く」は、『遊星よりの物体X』(1951)、『遊星からの物体X』(1982)として二度映画化されている。
影が行く

「ジョン・W・キャンベル」の本

もっと見る

「矢野徹」の本

もっと見る

「川村哲郎」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示