少将滋幹の母

谷崎潤一郎(作)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

324円(税込)

高齢の大納言藤原国経は、その美しい北の方(妻)を、左大臣藤原時平に奪われる。「少将滋幹(しげもと)の母」とはこの北の方のことで、「少将滋幹」とはその北の方が国経との間にもうけた一子のことです。この王朝物語は、母を奪われた滋幹の悲しみを中心にして、北の方をめぐるさまざまな男たちの生態を絵巻物のように活写し、成長した滋幹が幼い頃に別れたきりになっていた母と、月夜の桜の樹の下で再会するところで終わる。
少将滋幹の母

「谷崎潤一郎」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示