マハーバーラタ(第四巻)

作者不詳(著)、山際素男(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

1,080円(税込)

ドゥルヨーダナは、負傷したビーシュマに代わってドローナを軍司令官に任命した。ドローナは自軍の戦力を巧みに用いて、アルジュナを戦列から引き離した。アルジュナがいなくなったので、その息子のアビマニユは敵陣を破って勇敢に戦ったが、クル軍の勇士たちに取り囲まれて殺される。アルジュナは息子の復讐を誓い、敵陣深く攻め込み、ジャヤドラタの首をはねた。一方、クリシュナは、カルナがインドラから得た必殺の槍をアルジュナと戦う前に使わせてしまおうと企て、ガトーカチャに挑戦させる。ガトーカチャの死はパーンドゥ軍に大きな打撃を与え、ドローナは情け容赦ない攻撃を加えた。だが、ユディシュティラは奸計を用いて、ついにドリシュタデムナにドローナを殺させた。
マハーバーラタ(第四巻)

「作者不詳」の本

もっと見る

「山際素男」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示