アンクル・アブナーの叡智

メルヴィル・D・ポースト(著)、吉田誠一(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

756円(税込)

アンクル・アブナーはエドガー・アラン・ポーの生んだオーギュスト・デュパンに続いてアメリカが送り出した名探偵だ。彼が登場する作品は1911年から「サタデー・イブニング・ポスト」などに発表された。本書には、代表作「ドゥームドーフ殺人事件」「ナボテの葡萄園」のほか、18編を収めた。前者は古典的かつ独創的な密室トリックで知られ、後者は見事な最後の裁判のシーンがすべての作品の集大成となっている。当時の巡回裁判法廷の情景と民主主義確立途上のアメリカ人気質を生々と描き、正義を信じるアンクル・アブナーの面目躍如! 牧歌的な牧草地帯も好ましい背景になっている。
アンクル・アブナーの叡智

「吉田誠一」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示