ギャンビット

レックス・スタウト(著)、大村美根子(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

540円(税込)

ブラント・テキスタイル社の社長令嬢サリーが、殺人容疑で身柄を拘束されている父の無実を証明してほしいと、ウルフのもとを訪れた。2週間前、地元のチェス・クラブで、名手ポール・ジェリンという若者が、同時に12人の会員と盤面を見ないで指すブラインドフォールド・ゲームを行なった。対局の最中にホット・チョコレートを飲んだポールは気分が悪くなり、医師の応急手当の甲斐もなく死亡した。ジェリンの遺体からは砒素が検出された。チョコレートにさわれる立場にあったのは7人だけだった。難問だらけの案件だったが、ウルフは、死んだポールは単なる捨て駒で、犯人の真の標的は社長だったとの仮説をもとに動きだす。
ギャンビット

「レックス・スタウト」の本

もっと見る

「大村美根子」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示