宮本武蔵(巻一)

吉川英治(著)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

432円(税込)

関ケ原の戦いを命からがら落ち延びた武蔵(たけぞう)と又八は、お甲・朱実母娘の世話になる。その一年後、武蔵はひとり故郷に帰るが、そこは安住の場所ではなかった。憎しみに任せ野獣のごとく敵を倒すなかで、武蔵は沢庵にめぐり合う。沢庵は殺すためではない護るための剣があることを教える。孤剣をみがき、求道を通して二天一流の開祖となるまでの長い道のりを描く吉川英治の畢生の大作。
宮本武蔵(巻一)

「吉川英治」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示