宮本武蔵(巻二)

吉川英治(著)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

432円(税込)

お通を置き去りにして、武蔵は剣の修行に専念するが、出だしは困難そのものだった。京畿に剣名高い吉岡一門の腐敗ぶりに憤るも、大和の槍の宝蔵院で味わった敗北感、さらには剣の王城を自負する柳生の庄の小柳生城での挫折感にさいなまれ、武蔵の行く手には暗雲がただよう。そんななか、又八は偶然手にいれた印可目録から、佐々木小次郎を名乗るようになる。これが武蔵と小次郎との宿縁のはじまりであった。
宮本武蔵(巻二)

「吉川英治」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示