宮本武蔵(巻四)

吉川英治(著)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

432円(税込)

いまや、武蔵は吉岡一門の宿敵であった。清一郎の弟・伝七郎は武蔵に果し状を叩きつけた。場所は雪の舞う蓮華王院三十三間堂、だが伝七郎は必殺の武蔵の剣に倒れた。吉岡一門はいきりたち、第二の遺恨試合に。吉岡門下の精鋭七十余人が一乗寺下り松に武蔵を待ちかまえた。圧倒的に不利な状況のなかで血路をひらいたのは、二刀をあやつる新たな剣の道の発見だった。
宮本武蔵(巻四)

「吉川英治」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示