太平記(上)

作者不詳(著)、山崎正和(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

1,296円(税込)

動乱の南北朝時代を描いた軍記物語。この巻は 後醍醐天皇による鎌倉幕府を倒す計画から始まる。全国の群小武士の蜂起によって倒幕の気運が高まり、足利高氏(尊氏)の参加によって京都における幕府政務の中心、六波羅探題が亡びる。続いて新田義貞を中核とする関東武士中心の勢力によって九代におよぶ北条政権は一挙に崩壊する。宮方の実質的統轄者である護良(もりよし)親王、楠木正成の活躍も語られる。天皇側近の俊基(としもと)朝臣の東下りの道行文の名文も巻二に収められている。太平記はとくに江戸時代には「太平記読み」によって武士・庶民のあいだに盛行した。
太平記(上)

「作者不詳」の本

もっと見る

「山崎正和」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示