トム・ジョウンズ(上)

ヘンリー・フィールディング(著)、朱牟田夏雄(訳)

配信ストア
グーテンベルク21
出版社
グーテンベルク21

1,296円(税込)

ある日、大地主オールワージの屋敷で捨て子の赤ん坊が見つかる。赤ん坊はトム・ジョウンズと名づけられ、トムは大地主の養子として、大地主の妹ブリジェットの息子ブライフィルとともに育てられる。トムは隣家の地主の娘ソファイアと相思相愛になるが、ソファイアは両家の親によってブライフィルと婚約させられていた。陰謀家のブライフィルはトムを中傷して家を追い出してしまう。トムはロンドンへ向かい、ソファイアも家を飛び出し後から追いかける。だがトムは行く先々で女性たちに言いよられ、決闘騒ぎに巻き込まれたり、波乱に満ちた暮らしをおくる。最後にトムが本当はブリジェットの息子であったことがわかり、トムはソファイアと結ばれる。小説のおもしろさを満喫させてくれる作品といってよく、モームは『世界の十大小説』の一つに挙げている。
トム・ジョウンズ(上)

「ヘンリー・フィールディング」の本

もっと見る

「朱牟田夏雄」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示