闇よ、つどえ

フリッツ・ライバー(著)、川口正吉(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

660円(税込)

戦争によって一度文明が崩壊してしまった後の時代。政権を握っているグループは過去の科学技術を独占していて、巨神をあがめる宗教政治を行っている。科学技術は魔法と同様の扱いで、光線銃は「怒りの棒」などと呼ばれ、不可侵フィールドは「後光」などと呼ばれている。このカースト制度にしばられたなかで、一人の男が欺瞞をあばこうと立ち上がる。だが、そのとき、巨大な影となって魔人グループが姿をあらわす。壮絶な戦いが始まったのだ! SFと幻想文学を一体化したライバーの処女長編。
闇よ、つどえ

「フリッツ・ライバー」の本

もっと見る

「川口正吉」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示