ニューヨークは闇につつまれて

アーウィン・ショー(著)、常盤新平(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

540円(税込)

訳者は書く……アーウィン・ショーは私が最も愛読してきたアメリカの作家である。この作家のおかげで私も翻訳の仕事をつづけることができたという感慨がある。この短篇集には都会小説もはいっていれば、戦争小説もはいっている。ショーの都会小説と戦争小説を結びつけているのは、ユダヤ人であることの意識である。そして、戦争の意識。「ベルリンは闇のなかに」や「ブレーメン号の水夫」や「未来に流す涙」は大戦前夜の物語である。それで、この短篇集の題名も「ニューヨークは闇につつまれて」となった。「夏服を着た女たち」につづくショーの短編集第2弾。
ニューヨークは闇につつまれて

「アーウィン・ショー」の本

もっと見る

「常盤新平」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示