デヴィッド・コパフィールド(2)

チャールズ・ディケンズ(著)、猪俣礼二(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

770円(税込)

学校を卒業したデヴィッドはロンドンへ出る。偶然かつての旧友スティアフォースに劇場で出会い、誘われてその家を訪ね、母親を知る。この出会いがきっかけとなって、デヴィッドはスティアフォースと一緒にヤーマスで暮らす元乳母のペゴティー家のもとを訪れる。ハムとエミリーは婚約していたが、スティアフォースはエミリーをみそめてしまう。デヴィッドはスペンロー法律事務所にはいり、新しい人生のスタートを切る。スペンロー氏の娘ドーラにデヴィッドは激しい恋心をおぼえた。そのころ、たまたまロンドンに出てきたアグネスからユライア・ヒープがウィックフィールド事務所を乗っ取ろうとしていることが判明する。デヴィッドはユライアに会い、ユライアがアグネスまで手に入れようとしていることを知って憎しみを感じるようになる。
デヴィッド・コパフィールド(2)

「チャールズ・ディケンズ」の本

もっと見る

「猪俣礼二」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示