デヴィッド・コパフィールド(3)

チャールズ・ディケンズ(著)、猪俣礼二(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

770円(税込)

デヴィッドはドーラと秘密の婚約を結ぶまでになるが、相次いで悲報にみまわれる。スティアフォースがエミリーと駈落ちし、大伯母は財産を失う。スペンロー氏も急死する。デヴィッドは心機一転、報道記者になろうと速記を学び始め、ようやくドーラとの結婚にこぎつける。だが、ドーラは家政についてはまったく無能だった。一方、事務所を乗っ取ったユライアに対し、その秘書となっていたミコーバー氏はトラッドルズ、デヴィッド、ベッチー大伯母、アグネスらの居並ぶなかでユライアの姦計をみごとに暴いた。
デヴィッド・コパフィールド(3)

「チャールズ・ディケンズ」の本

もっと見る

「猪俣礼二」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示